ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

富士宮市創エネ・蓄エネ機器等設置費補助金

2016年06月22日掲載

平成28年度における、富士宮市創エネ・蓄エネ機器等設置費補助事業について、ご案内いたします。詳細は、以下の応募要領をご参照ください。


富士宮市では、地域からの二酸化炭素排出量の削減及びエネルギーの地産池消を促進し、電力のピークカット・ピークシフトを推進するため、創エネルギー機器及び蓄エネルギー機器を設置する人に対し、予算の範囲内において、次の要領で設置費の一部を補助します。

平成28年度富士宮市創エネ・蓄エネ機器等設置費補助金について

平成28年度富士宮市創エネ・蓄エネ機器等設置費補助金の概要について

1.応募期間

平成28年4月1日(金)~平成29年2月28日(火)

※実績報告書の提出期限は平成29年3月16日(木)必着。
(実績報告書の提出期限までに太陽光発電システムの場合、電力需給が開始されいること。また、その他の機器については設置が完了し保証書等が発行されていること。)

2.対象者(以下のいずれかに該当し、市税の滞納がなく、機器の設置に関して市の他の補助金を受けない人。なお、同一の種類の機器に対する補助は、同一世帯につき1回限りとします。

3.補助金額

  1. 住宅用太陽光発電システム 太陽電池モジュールの公称最大出力とパワーコンディショナの定格出力を比較して低い方の出力に20,000円を乗じた金額。
  2. 家庭用燃料電池 上限100,000円(リース契約の場合、上限50,000円)
  3. 家庭用ガスコージェネレーションシステム 上限100,000円
  4. 定置用リチウムイオン蓄電池 上限100,000円(リース契約の場合、上限50,000円)
  5. ビークル・トゥ・ホームシステム 上限50,000円 ※クリーンエネルギー自動車を同時購入し接続して使用する場合は50,000円追加
  6. HEMS 上限10,000円

4.予算金額

40,000,000円(すべての機器に対する補助金合計額) ※応募に際しては、下記の応募要領を必ず御確認ください。

5.平成28年度補助金申請件数(6月20日現在)

住宅用太陽光発電システム 72件
家庭用燃料電池(エネファーム) 6件
家庭用ガスコージェネレーションシステム(エコウィル) 0件
定置用リチウムイオン蓄電池 10件
ビークル・トゥ・ホームシステム 0件 (内クリーンエネルギー自動車同時導入0件)
HEMS 24件

6.申請書類

交付申請及び実績報告に必要な書類は下記からダウンロードして御利用ください。

市税完納証明書(交付申請時に添付が必要)及び住民票(実績報告時に添付が必要)の申請書様式は、下記のリンクからダウンロードできますので御利用ください。

機器設置に関する金融機関の融資情報

富士宮市では、創エネ・蓄エネ機器等設置費補助事業実施にあたり、市民のみなさまに身近な金融機関3行に協力をお願いし、当補助金を受ける方に利用していただける融資商品をご用意いただきました。 機器の設置とともに借入を検討されている方は、ぜひチラシをご覧ください。

太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処について

一般社団法人太陽光発電協会より、水没・浸水している太陽光発電設備には、感電防止のため、接近しないように注意喚起がありました。詳細は、添付のPDFをご参照ください。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

環境部 環境企画課 環境エネルギー室

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所4階)
電話番号: 0544-22-1131
ファックス番号:0544-22-1207
メール:kankikaku@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る